スプリングステークスや皐月賞の戦績でダービーを見る

本命馬をおさえる日本ダービー予想

日本ダービーの優勝馬がスプリングステークスを使っていたケースを調べてみると、過去10年では、2012年のディープブリランテ、2011年阪神開催で行われた時のオルフェーヴル、2006年のメイショウサムソンと3頭の馬が該当します。
皐月賞を使わず、別のレースを経由した馬が勝つこともある日本ダービーにおいて、前哨戦のスプリングステークス、クラシック一冠目の皐月賞、そして日本ダービーの3レースはセットとして考えるべきであり、スプリングステークスは有力馬における休養明けの一戦としての見方が強く、そこでの内容、勝ち方、休養明けなりの走り方がかなり問われてきます。
2015年のスプリングステークスはキタサンブラックが制し、2着がリアルスティールと菊花賞でのワンツーを最初にここで見せていましたが、2頭とも日本ダービーでは凡走をしました。
2014年には2歳王者アジアエクスプレスが出るも2着、勝ったロサギガンティアもダービーには出走せず、2013年3着だったマイネルホウオウはNHKマイルカップを制するなど、ここ最近は日本ダービーよりもNHKマイルカップを目指す馬にとってのトライアル戦の様相を呈する状態が何年も続いています。
これは調教師や馬主サイドがもし1800メートルでも楽に行けるなら皐月賞を使いたいし、ダメならNHKマイルカップを目指せばいいという心理があるようで、このため、スプリングステークスを制したからそのまま日本ダービーも制するかということにはいかず、皐月賞の結果を踏まえたうえで見ていかないといけません。
反対に弥生賞は皐月賞と同じ舞台の為、本気度が少し高い馬が集まるため、日本ダービーとも相性がいい馬がかなりいます。
スプリングステークスで3着以内に入った馬が日本ダービーを制するための条件は皐月賞でも3着以内に入ることです。
このレースを制した馬にはナリタブライアンやミホノブルボンなどの往年の名馬もいます。
中には例外もいますが、ほとんどの馬がこうした条件をクリアしています。
このレースを使った組に注目するならば皐月賞の結果がかなり重要であることをよく覚えておきましょう。
反対に、4着以下に敗れた馬が日本ダービーで巻き返しを図ったケースはほぼありません。
皐月賞だけでなく、日本ダービーのことを考えてこのレースを見るととても面白いと言えます。
クラシック三冠を巡る争いはこうした前哨戦から既に始まっているのです。